2018年 11月 CBR600RR L2M Chrome Plus メーター替えてみる。その①

CBR250RRで使っていたAim SoloDLが良い値段で売れた。
600にもロガーを付けたいがコレがいい。
d0226179_8382853.jpg

YoutubeでGMT94ヤマハが使ってるオンボード映像。
ロガーを導入するにはある程度の出費は必要だが純正のメーターに
より多くの情報を表示できればよりタイムアップに貢献してくれるのでは?
と言う事でL2Mのダッシュボードをポチってみた。
買う所により結構値段が違う。
空燃比計付きのChrome Puls
d0226179_8552638.jpg

取説は英語、またはイタリア語のみ。L2MのHPよりダウンロードする。
d0226179_935694.jpg

ラインナップはLite,Plus,Proの3種。
d0226179_9215151.jpg

純正のメーターカプラとChromeとの変換カプラも一緒に注文。
d0226179_95131.jpg

ダッシュボード(メーターの事)の大きさ比較。
d0226179_965168.jpg

仮付けしてみる。
ダッシュ下端が真っ直ぐなので少し手前にオフセットしないといけない。
ハンドルを切るとレバーがギリギリ当たりそう。転倒すれば直撃しそうである。
d0226179_98931.jpg

レースベース車の純正の配線には来ていないスロットルポジションと車速センサーの線を
HRCロガー用のカプラからダッシュまで分岐する。

配線して確認画面で接続を確認したらキャリブレーションする。
キャリブレーション設定画面でスロポジ全閉と全開を覚えさせる。

車速はCBR600の車種別設定ではF16R45のタイヤ外周1951mmに設定されてたので
今付いてるスプロケの丁数に変更する。

もし車速をABSセンサーに変更する場合は別設定画面でセンサータイプを変更する。

新しいバイクでは(CBR250RRなど)これらの信号はCAN-BUSと呼ばれる多重通信で
一括してECUから取れる為、ゴチャゴチャ配線しなくても良い。
d0226179_911153.jpg

ダッシュ本体の後ろ。
左から純正カプラの変換が刺さるトコ、
真ん中追加センサーAnarog1~8とO2センサーの配線が纏まってるカプラ。
右の丸コネクタはWedカメラが直接刺せるカプラとの事。
調べたけど別途Binder 768 (99 3383 00 04)コネクタを買って繋ぎ直す必要がありそう。
d0226179_9232199.jpg

別途HRCロガー用のカプラから引いた配線はAnarog1とSPD1に接続、
カプラに付属の端子を差し込む。
白いプラスチックのリテーナーを起こし、端子を差し込む。

車速入力はSPD1とSPD2があり、ABSの前後センサーでも可、
分けて配線すると前後のタイヤのスリップ率が分かる。
GPSの位置情報でコーナーを認識しCAN-BUS出力で
車体側の電子制御(トラコン等)を可変させる機能もある様です。

d0226179_9254777.jpg

ダッシュ本体には2個のスイッチが付いてるのみ。
これをハンドルスイッチ等へリモート出来る配線があるので左側のスイッチボックスへ配線。

スイッチ本体は中華製で980円ぐらいの物。
黒、黄スイッチでUP,Down。1度押しで選択、長押しで確定。
ピットスイッチは後ろ側にあります(誤操作防止の為)
d0226179_928650.jpg

これらの配線に詳細な接続方法は取説に記載が無く(配線はコレ、ぐらいの説明しかない)
電気知識に乏しい人では難しい。

起動画面の後に立ち上がる。
立ち上げ、立ち下げに時間がかかる為(15秒ほど)スタンバイモード設定がある。
設定するとバイクのメインを切った後スタンバイモードになり、設定時間後オフになる。
スタンバイモード中は起動画面が出ずキーオン後はすぐに立ち上がる。

真ん中のオイルプレッシャーやチャージランプ 燃料の警告は始動後消えます。
本体設定で車種を選べば(入っていれば)基本的に使える設定になる様です。

左側の赤いゼロ表示はニュートラルの意味。
CBR600RRにはギアポジションセンサーは無いので別途設定で覚えさせる必要があります。
d0226179_9394424.jpg

接続した配線の確認画面。
d0226179_9412618.jpg

自作のブラケット+戸当りゴムで取付。
後程ちゃんとしたブラケットに替える予定。
d0226179_2331238.jpg

GPSのアンテナ取付位置。
トップブリッジ上がお勧めの位置らしいがヘルメットで遮ると思うので
少し前に出す様にブラケットを作ってみた。
d0226179_23334438.jpg

O2センサー。
d0226179_23353979.jpg

L2M Chrome についての情報が無く使ってる人も見たことが無い為、
何か情報がある方、教えて頂けると嬉しいです^^。

気晴らしにヘッドライトステッカーを作ってみる。
d0226179_2337964.jpg

CBR1000RバージョンをCBR600RRの形で切り抜く。
なかなかイイと思います。
d0226179_23375321.jpg

中古で買ったホイール達のベアリングを替える。
d0226179_23414790.jpg

PC37の後期のFホイールってPC40の後期に付くのでしょうか?
少なくともPC37の前期?のFホイールはハブの幅が大きく全く無理でした。
ホイールのメーカーが前期、後期で違う事に気が付く。
デザインはよく似ているが前期?アサヒ、後期?エンケイ、でした。

つづく。
[PR]
# by kazz1919 | 2018-11-10 10:17 | 練習用バイク Practice Bike | Comments(0)

2018年 11月 セパン MotoGP観戦 その②

2日目、ブキビンタンのホテルから空港KLIA2前のホテルへ移動します。
昨日同様にバスです。
d0226179_738993.jpg

KLIA2からシャトルバスへ乗り換え。チケットは往復で買っておいてください。
セパンサーキットへ到着。
d0226179_7394098.jpg

沢山出ているブースで撮った写真。
ベネリのスクーター??
d0226179_741964.jpg

有料にて跨って写真が撮れます。
d0226179_7414910.jpg

アダム ノルディンのNSF250R 日本でこのバイクはなかなかお目に掛れない。
d0226179_7434354.jpg

マフラーの途中がチャンバーっぽくなってる。
d0226179_7445769.jpg

ヤマハR3 SSP300仕様かな?
d0226179_745419.jpg

電動のウォーターポンプ。
d0226179_746846.jpg

見覚えのあるエンジンのドラッグマシン。
d0226179_7465773.jpg

入場券をホテルに置いてきてしまったため一番安いチケットを買って入場。
結構歩いた。まあ廻りに日本人はいない。
d0226179_749282.jpg

雨がパラパラ。
目の前でヴィニャーレスとトーレスが吹っ飛ぶ所を目撃してしまう
d0226179_7592149.jpg

去年もそうだったけど晴れてても雨は降るので雨の準備は必要。
観客席には屋根がある所を選ぶ方が吉。
d0226179_758489.jpg

日曜日は忘れずチケット持ってきました。PDFでスマホに保存しときましょう。
朝フリで鈴木が転ぶ所。
d0226179_834024.jpg

決勝はどうにか晴れました。
d0226179_855843.jpg

帰りのシャトルバスのりば。
長蛇の列ですが30分ぐらいで乗れました。
d0226179_87112.jpg

並んでる途中でも雨がパラパラ。
スケジュールが雨対策で前倒しになり、アジアタレントカップが最後になった影響?
早めに客が引けた為、去年より並ぶ時間が短かったです。
d0226179_893590.jpg

帰り道は混みますが日本の様な渋滞でもなく。ある程度流れます。

翌朝空港にて。搭乗券のチェックインは日本で先にネットで済ませてますが
手荷物のチェックインをする必要があります。
いっぱい写真の様なチェックイン機がありますが壊れてたりバゲッジタグの紙が切れてて
印刷できないのとかあって、迷う。
d0226179_82005.jpg

帰りの飛行機内でエアコン効きすぎてたせいか若干風邪気味で帰ってきました。
お疲れ様でした^^。
[PR]
# by kazz1919 | 2018-11-10 08:26 | 旅行など Trip | Comments(0)

2018年 11月 セパン MotoGP観戦 その①

今年も行ってきました、マレーシアセパンサーキット。
今回も関空からAirAsiaです。
d0226179_23392961.jpg

マレーシアのKlia2ターミナル到着。
出国ロビーに出るまでに携帯電話会社のカウンターがある。
ここで現地SIMを購入。
去年もここでお世話になりました。設定もしてくれます。
スマホの言語設定を英語にして渡せば間違いない。
d0226179_23421149.jpg

今回も一泊目はクアラルンプール市内にホテルを取りました。
窓口でキップを買いバスで移動します。片道1人12リンギット、400円ぐらいですか。
d0226179_23463386.jpg

空港からこんなバスが出ます。
d0226179_23475246.jpg

KLセントラルのバス乗り場。正面のエスカレーターを登ると電車やモノレールの
乗り場へ行けます。
d0226179_2350063.jpg

KLセントラルの構内。分かりやすく案内がある。
d0226179_23515739.jpg

少し歩いてモノレールの乗り場へ。ブキビンタンへ向かいます。
d0226179_23525146.jpg

ホテルはココ。
ブキビンタン駅から徒歩2分ぐらい。
d0226179_08090.jpg

ホテルの正面のB級グルメ街。
d0226179_2354328.jpg

すぐ隣には何やら雰囲気のある通りもある。
d0226179_23572889.jpg

雲の向こうに霞む高層ビル。
d0226179_2358982.jpg

とりあえず何か食ってみる。
d0226179_23592591.jpg

時々トイレの芳香剤の様な味がする。
d0226179_00193.jpg

スイーツはおいしい。
d0226179_004851.jpg

1日目は無料の観光バスKL GOでウロウロしてみた。
d0226179_022923.jpg

今回1日目は有名どころは周りませんでしたが以外にバスでウロウロするのが
楽しかったです。

つづく。
[PR]
# by kazz1919 | 2018-11-10 00:12 | 旅行など Trip | Comments(0)

2018年 10月 格安CBR600RR PC40

600は乗ってみたいという思いはあったんですが車両代+維持費がネックでした。
某秘密基地に13年式の新車が置いてありちょっと気になっていました。
1台作るのにラジエタやマフラー、諸々替えて大体160マン位なんかな~と考えていた所に

こいつが某オークションで出てた。2013年式。
d0226179_754293.jpg

マフラーはアクラポビッチ、ラジエタもビッグラジエタになっていてフルカウル付き。
一通り必要な物は付いていて、説明読む限りでは新車からさらっと乗っただけ、のような車両。
これがCBR250RR (MC51)一式を売った代金で買えてなおかつ15マン程余る位の金額で
即決になってたのでそっこーポチった。

届いた車両を見分する。
☆ラジエタの目にもほとんどカスが挟まっていない。
☆ブレーキローターの当たりがうっすらとしか付いてない。
☆チェーンにもほとんどホコリが付いてない。
☆スイングアームのスタンドフックにキズが全くない。
☆ただし左側に転んだ跡がある。
d0226179_819567.jpg

一応必要な物がちゃんと付いてるかチェック。
スタンドがまだ無かったのでステップスタンドで自立。250RR用と高さぴったし。
d0226179_822318.jpg

リアフェンダー切って無かったので切る。
d0226179_824539.jpg

エアダクトの中の仕切りも切って無かったので切る。
d0226179_8253565.jpg

アクラポンのチタンマフラーめちゃ軽い。
d0226179_8262026.jpg

割れてたカウルは補修。
d0226179_82721100.jpg

某秘密基地にてスタンドフックのボスを溶接して頂く。
d0226179_8292168.jpg

フックは自作。
d0226179_8301546.jpg

ハンドル。クランプのみ某中国商社サイトより購入、安い上に送料無料。
d0226179_832314.jpg

ノーマルと同じポジション、バーはアルミの切り売りで買ったもの。
d0226179_8384734.jpg

元々の左側のスイッチはMotoGP風の物に替えた。
某オークションにてホンダのスクーターのハーネスを100円でゲット。
CBRと同じ形のカプラを流用する。
d0226179_8414677.jpg

必要な位置以外の端子は抜いてポン付けで交換できるように改造。
d0226179_844449.jpg

並行してシフターの配線も作る。CBR250RRの時に買ったアプリリアの純正パーツ。
ハンドスイッチのシフター配線に割り込ませる。正チェンジ。
d0226179_8461586.jpg

ちなみにチェンジロッドはM6の長いネジにダイスで逆ネジ切って作ります。安いです。
d0226179_8485482.jpg

このバイク殆ど汚れが無い..前オーナーさんありがとう。
d0226179_8552770.jpg

某秘密基地にてスタンドを作って頂く。フックの高さに合せた一品物。
d0226179_925473.jpg

ウレタンで塗装したくてエアドライヤを物色。
説明書きにはエア漏れがあるとの事でライバルは現れず。9800円で落札。
d0226179_22294944.jpg

届いてみるとめっちゃきれい。エア漏れ..別に漏れてませんけど。儲け^^
練習用カウル、黒メタに塗ってみた。
d0226179_22362160.jpg

つづく。
[PR]
# by kazz1919 | 2018-10-21 09:05 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2018年 鈴鹿サンデー第5戦~来年の計画

2018年 鈴鹿サンデー第5戦も終わり...
結果は決勝6位、年末のグラチャンの出場権は逃してしまいました..
d0226179_0554655.jpg

いきなりですがCBR250RRは来年、若い衆に乗って貰います。
来年はこの子になる予定です。
d0226179_12325.jpg

[PR]
# by kazz1919 | 2018-10-20 01:00 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2018年 鈴鹿サンデー第4戦

2018年 鈴鹿サンデー第4戦
気が付けばもう4戦目、今回は結果良かったんであぷ早いです。^^

Youtubeあがってました。
https://www.youtube.com/watch?v=FJ-vlkKW9jk

前回の第3戦MCシケインで転んでバキバキになった本番用カウル、
お友達にご協力頂きバシっと塗りあがりました。
SKYレーシング バニャイア風です。
d0226179_2113768.jpg

実は金曜日の特スポでスプーン2個目でリアから転倒。
今年のGWでの転倒に続いて2回目のスプーン。全く同じ感じ。

半日かかって入り込んだジャリの掃除と不具合の確認、パーツ交換。
タイヤは早めに交換しましょう。
d0226179_21145792.jpg

どうにか土曜日には間に合う。
d0226179_2125911.jpg

最近になってようやくロガーの見方が分かってきて、それを参考にマップいじってみたり。
アクセルワークがラフだと空燃比のバラつきが大きいなーとか
130Rアクセル戻してるなーとか。
d0226179_21345832.jpg

第4戦の結果は予選3位の決勝2位でした。
もうちょっとでトップに追いつけそうで手応えありましたので僕的には良かったです。
d0226179_2139127.jpg

皆様ありがとうございました^^
[PR]
# by kazz1919 | 2018-07-18 21:47 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2018年 鈴鹿サンデー第3戦

久しぶりの更新です。
結果から言うと予選5位から決勝転倒リタイアです...

ヘアピンで誰だったかにインを刺されたのですが
MCコーナー進入で相手側のリアにフロントタイヤが接触しスリップダウン...

今回の転倒は単にインに入られた後、立ち上がりで加速が鈍った相手に被せに行って
結局抜けきれずに下がるのですが下がりきれずに相手のリアに当たってしまったわけで

判断ミスです。最近の不安のタネだったショーワに替えてからのリア周りのフルフルではありません。
リアのフルフルは原因が分かって今は出てません。

原因が分かって、最近はバネレート下げたリアスプリングも結局使わなくなって
標準スプリングに戻しリアの車高も上げる方向にしてみた。

逆バンク~ダンロップ~デグナーまでが格段に良くなった。
その分フロントの底突きが暑さも相まって出やすくなる。

CBRのリアが出やすいクセはそのままなのでアクセルのON/OFF を
緩やかに操作するよう心がける...

ツイッターで幾つか写真を見つけますた。
これは練習走行の時ですね。
d0226179_7313491.jpg

なので壊した本番用のカウルを修理してます。
タンクは予備できれいなので,ばしっと仕上げます。
d0226179_7411790.jpg

ロガーをもっと活用しよう。
どうもノーパソは画面が小さく使いにくい。

こんなの作ってみた。
ロガーとセッティングツールのデュアルディスプレイ環境。
d0226179_7434891.jpg

後から。
d0226179_7485147.jpg

PC本体は Lenovo Thinkcenter Tiny すごく小さくSSDなので壊れにくい。
WiFi搭載なのでフルコースのピットならYoutubeも見れる。
d0226179_7512066.jpg

がんばって南コースにも出没します。
57秒台出ればいいでしょうか?
d0226179_752474.jpg

ブレーキパッド、減りが早いのはいいのですがディスクの減りも早い、
これはアカン。安全パイで結局純正に戻す。
d0226179_21231641.jpg

[PR]
# by kazz1919 | 2018-06-29 07:54 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2018年 鈴鹿 GW突入 5/3西コース 練習走行

GW突入。

デグ2の外側のスポンジに刺さって終わりだった前回。

スプロケのみ15-39に変更、ショートカット立ち上がりで松村君より
明らかに負けてたので試してみる...が。

コースインして3週目。
JPにの真後ろについて走っていた時のスプーン2個目でリアからスリップダウン。
d0226179_0591881.jpg


やっぱりリアが何かおかしい。
リアが常にふるふるしてる感じはやっぱり、対処しておくべきだった。

転がっていくバイクを見ながらゴロンゴロンしないでくれーと願ったお蔭か左側面のみの被害。
ケガはありません。
d0226179_1134611.jpg

シートカウルの被害がでかい。
この練習用カウル、すごくぶ厚い作りだったのでバラバラにはならなかった。
シートレールで突き破った穴を塞ぐ。
d0226179_1155424.jpg

練習用なのでまあまあくっついていればおK.
d0226179_1184345.jpg

シートがもげた時にシートベースももげた。
車体にネジ留めになってる部分がちぎれたのでアルミで作りなおす。
d0226179_1203255.jpg

付けるとこんな感じ。
d0226179_122149.jpg

カウルの破損対策。
金属のネジだとカウルの取付座面がすっぽ抜けて破損するので
フロントカウルの取付ネジは全てポリカのネジに替えている。
頭が良い感じにちぎれてくれるので破損が少ない。
d0226179_1263411.jpg

シートカウルのネジもポリカネジに変更。
シートのスポンジの交換時は毎回切って作ってます。
d0226179_1273048.jpg

チェンジペダル。
先端が曲がってしまった部分を切って別作のペグを取り付け。
あえて弱い部分を作っておき、その部分だけ破損するように祈る。
バトル製のベースプレートは曲がらない。これは助かる。

フットペグの部分は某大陸産の物、1個250円ぐらい、まとめ買いしてます。
大きくて踏みやすいので重宝してます。
d0226179_1293857.jpg

買ったばかりのタンクカバー。
全く存在自体が疑問なこのパーツも割れてしまったので溶接して修理。
d0226179_1394348.jpg

裏側も前回割ってしまったカバーの樹脂を使って肉盛り。
d0226179_1403412.jpg

そこそこくっついてくれます。この後パテ盛って塗装すればわかりません。
d0226179_1413692.jpg

ホイールのリムとタイヤの間に砂利が食い込んでる。
一回ビードを落として掃除する。タイヤ自体は2枠しか走ってないので再使用。
d0226179_1491372.jpg

どうにか走れる状態に。
足回りの全バラチェックやオイル交換などの一般整備、作り物に概ね2日を費やす。
d0226179_1472852.jpg



GWのはじめ、前回の4/27の走行のあと、名阪の練習でも転んでシートカウルを
壊しているのでこれも直さなアカン。。
d0226179_147446.jpg

[PR]
# by kazz1919 | 2018-05-06 01:58 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2018年 鈴鹿 4/27フルコース 練習走行

GW前ですが一足早く有休を頂き。
鈴鹿フルコースの練習走行です。
天気よし。(*^^*)
d0226179_17392354.jpg

バイクのセットアップは変えずに人間のセットを詰める。
前回よりベストは0.1秒及ばず、だけどアベレージは良い。

リアが凄く流れる時がある。タイヤは新品。
①ダンロップの縁石の先で横向くかとおもた。
②デグ2クリップ過ぎた直後。バイクを起こすトコなので滑りは止まる訳だが。

毎回、真っ先にコースインしてるので他の人のペースが分からず、
3枠目は集団に混ざってコースイン。
d0226179_1748255.jpg

デグ2で前車のリアにヒットしてコースアウト、スポンジに刺さった。
幸いほんとにスポンジ刺さってショックを吸収してくれた様で被害は少ない。

一応フロント周りはバラして確認。
メーターステーとカウル、タンクカバーのみで済みそう。
d0226179_19202913.jpg

予備のフレームが頭をよぎったが使わずに済みそう。
フォークのアウターチューブは無事。予備買っとくか....
d0226179_17511843.jpg

一応メーターステーの新品も持っている訳だが。

曲がったステーをちょんぎって
ワンオフのブラケットとニコイチにする。
d0226179_1753115.jpg

作り物の幅を広げるためにポチったパイプベンダー。
ハンドルパイプφ22ぐらいまで曲げれるようです。
d0226179_1803882.jpg

メーターを右にオフセットしてラップタイマーを真ん中近くに持ってくる。
根元の純正部分とワンオフ部分はボルトで締結。
d0226179_17544197.jpg

前回作よりだいぶシンプルになった。
油温計は今回から付けてない。
d0226179_1756076.jpg

ワンオフ部分はクラッシャブルゾーンなので壊れやすく作る。
d0226179_17572879.jpg

概ね5枠使ったブレーキパッド。
交換するけど減るの早い。
d0226179_1894479.jpg

去年のカウルで復旧、次は5/3の鈴鹿西コースです。
d0226179_1823366.jpg


みなさんよろしくお願いします。
[PR]
# by kazz1919 | 2018-04-29 18:15 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2018年 4月 練習走行 課題

5月のレースに向けての課題。
2018年4月よりドリームカップでもラジエター交換が解禁になり、サブラジもOKになった。
一安心。
d0226179_0391216.jpg

4月14日の走行は雨の予報だったがどうにかドライ。
向かい風がメチャ強い。
d0226179_0525224.jpg

ショーワのリアサス。
どうも落ち着きが無い。常に小刻みに揺れてる感じ。
主にダンロップ登り、MCシケインのあと、最終コーナーなど。

それによって何か問題があるかと言えば特に無いが何か気持ち悪い。
リアにトラクションを振る意味でリアのスプリングを1つ弱い物を試す。
d0226179_0455044.jpg

結果...小刻みの揺れは若干穏やかになったものの大きな変化なし。
残ストロークもあまり変化なし。
コンプをもう少しいじってみたいけど最弱の状態なので強くしか出来ない。
d0226179_048147.jpg

大体2時間程走ったあとのリア、初めてエッジにダマダマが出来た様な気がする。
進入~アクセル開け始め辺りがヘアピン、MCシケイン、最終シケインで格段に良い感じ。

ノーマルリアサスであった中古タイヤの時に2コーナのアクセル開け始めでリアが
一瞬トトッと出る感じがあったが、その現象も減った様だ。

d0226179_0512696.jpg

車検に通る予備をと思い某大陸産の汎用サイレンサーをポチった。
今の練習用サイレンサーは車検ギリギリ通らないレベルなので少し大きめのサイレンサーにした。
d0226179_0562575.jpg

付けた感じはJSBみたいな存在感。
d0226179_0573176.jpg

出口が小さい。中で何かビニールがバタバタしてる。
d0226179_0582361.jpg

昼イチ06グルーフ、の強い向かい風の中、トップスピードは10km程落ちる。
08グループで普段使いの練習用に戻す。5km落ち程に戻る。この新サイレンサーはボツ決定。

向かい風の中、ベスト38秒台でしたがアベレージが少し残念な感じ。
終始トップスピードが5~8km程遅い感じ、向かい風のせいか?
次回4/27のフルコースではそこそこタイムを出しておかないとヤバイ。

スペアのステップ。
某オークションでよく見かけるヤツです。
送料込でも1万しないのでポチりましたが実物はソコソコいい感じ。

以前に某大陸産のNSF250R用のステップをポチった事があるのですが
意外とグニャグニャでもなく問題なく使えたのでコイツもたぶん大丈夫でしょう。

ステップなんてどのみち1回転んだらパーみたいなモンですし。
d0226179_2052080.jpg

予備のフレームをポチった。
出品者にネチネチ質問して事故車でない確証を取れば値上がりは必須なので
何も聞かずに落札。安かった。
d0226179_7302285.jpg

届いた実物。ネック付近に僅かに塗装の剥げ。
塑性変形してないので大丈夫でしょう..
出来れば溶接したいとこ。
d0226179_731139.jpg

[PR]
# by kazz1919 | 2018-04-18 01:15 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2018年 4月 お友達のHRCグロム

お友達のHRCグロムです。
最近急にXR100からの乗り換えが進み。
2台も自分のじゃないグロムが我がガレージに入院中。
d0226179_22582523.jpg

最近仲間入りした子。
d0226179_22591573.jpg

4月のサンデーでちぎられた松村君トコのマフラーがついてた。
d0226179_2313091.jpg

まず、スタンドフックがついてないので溶接、チェーンガードの取り付けボスも溶接して取付。
d0226179_2333239.jpg

サイドスタンドの根本も苦労して切ってみる。
d0226179_23145520.jpg

もう一台の方はモリワキコンプリートですがスイングアームフックと...
チェーンガードを兼ねるスイングアームフックも最初からついてる。おまけにスタンド付き。
d0226179_2364948.jpg

新入りのグロムのオーナーが持ってきた何か用の大きなスタンド。
これをどうにかして使える様にする。
d0226179_2375565.jpg

じゃまな部分をちょんぎってフックの受けを溶接。
d0226179_23102159.jpg

最近のレギュレーションでは必要なレバーガード。
d0226179_23105835.jpg

ブレーキパッドは最近のお気に入りのコレ。ニッケイと読めますが日本企業ではなさそうです。
CBR125と同じ形状なので使えます。
送料込みで1990円なのでとってもお得。減りが早いのでまとめ買いします。
d0226179_23131568.jpg

フロントフォークがバタバタするのは分かってるのでフォークオイルを交換しよう。
トップキャップを緩める工具は36mm。なぜかちゃんと持っていたりする。
何でこんなスパナ買ったんだか思い出せない。
d0226179_23241186.jpg

現在入手できる一番固いと思われるオイルを入れてみる。
ハチミツみたい...はおおげさだが相当固いと思う。
d0226179_231846.jpg

MC51のCBRといい、このグロムといい、変な構造のフロントフォーク。
d0226179_2321268.jpg

ばらす前の油面。75mmほど。
d0226179_23213857.jpg

オイルが固いのでなかなか古いオイルが抜けないしエアも抜けにくい。
d0226179_232249100.jpg

フロントフォークはやっつけて
転ばぬ先の杖、アクスルスライダー
d0226179_21213451.jpg

後も
d0226179_21215986.jpg

ラップタイマー本体と。
d0226179_23213112.jpg

センサー。なるべくぎりぎりまで低い所に付けるようにした。
d0226179_23223112.jpg

ついでにもう1台モリワキカラーの方のご要望、フェンダーオフセットステー。
タイヤウォーマーを巻くのに必要。
d0226179_2234081.jpg

オフセットした状態。
d0226179_2241869.jpg

のーまる。
d0226179_225146.jpg

ブレーキラインの固定ねじも移設。
d0226179_2261694.jpg


つづく。
[PR]
# by kazz1919 | 2018-04-12 23:34 | 車いじり Hobby Car | Comments(0)

2018年 3月 鈴鹿サンデー第1戦開幕

3月24.25日と鈴鹿サンデー第1戦開幕です。
西コースなのでテントです。
d0226179_731385.jpg

レース前の走行で交換したブレーキパッド。
純正に比べ効きも良くコントロールしやすいのですが。
d0226179_734113.jpg

減りがハンパない。
およそ3時間の走行で半分近く減る。
d0226179_7363995.jpg

23日の練習走行を終えて整備。ブレーキパッドは減りすぎなので純正に戻す。
ヘッドライトステッカーCBR1000RRバージョン。割とかっこいい。
割り当てゼッケンは今回も1番でした。
d0226179_7392336.jpg

土曜日。
d0226179_7443839.jpg

前後の車高はSTD,フロントはiFactoryさんの一番固いフォークオイル、
Fイニシャルはアジャスター位置で0、
リアは最弱ダンピング、リバSTD,イニシャルSTD、でスタート、リアサスはだいぶ動く様になった。
予選結果また2位。まあ悪くない。
フロントの車高を上げたことで西コースのショートカットやMCシケインの
飛び込みが安定したのが良かった。
d0226179_7451122.jpg

決勝は3位。0.004秒差...
d0226179_7504595.jpg


次がんばりましょ。
[PR]
# by kazz1919 | 2018-03-30 07:53 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2018年 3月 フロントフォークプリロードアジャスター

3/4の走行。天気まあまあ。
d0226179_11529.jpg

2枠走り終えたところでリアショックのストロークを見る。
イニシャル、車高、ダンピングなど出荷時のままだが,だいぶストロークが残ってる。
d0226179_102778.jpg

タイム的には自己ベスト更新しているものの廻りのタイムもアップしている様子。

リアショックを交換したことで前のめりになってる印象、
前寄りのバランスをリアに持ってくるトコが課題かな。

・F突出しをSTDに戻す(上げ)
・リアの車高もSTDに戻す(下げ)
・Fフォークのセット見直し(上げ)

このバイク、フロントはほっといても安定してるので
その分をリアのトラクションに振り分ける狙い。

残り少ない練習走行でセットを見つけるべく新兵器投入。
d0226179_1173017.jpg

フロントフォークバラシついでにかさ立て作ってみた。
d0226179_0202632.jpg

右側のフォークスプリングを押す座面が傷だらけでカエリも出てる。
d0226179_0233768.jpg

うまいこと出来てるなあ。
CBR250RRのFフォークは構造上片側しかイニシャル調整出来ないと思ってた。
HyperProのコレは左右イニシャル調整できる様です。
d0226179_1183125.jpg

取説のこの一言が気になるけど。
d0226179_1222129.jpg

スプリングを押さえるサークリップを普通のプライヤーが使えるタイプに
追加工してみた。
d0226179_21438100.jpg

元々の凸形状を研磨して無くし普通のサークリップをはめただけ。
d0226179_0261551.jpg

装着したところ。
d0226179_2034763.jpg

説明書きにあるプリロード変化と右側フォークの自由長の変化
プリロード最弱。
d0226179_2033463.jpg

最強。確かに伸びてくる。
左右同じ長さでないと何かすっきりしない。
d0226179_20343485.jpg

マフラーに接触?タイヤ跡が付いてた((((;゚Д゚))))アワワワ。。
逆バンクかな...
d0226179_135161.jpg

気晴らしに流行りのヘッドライトステッカーを作ってみる。
何かのヘッドライトの写真をステッカーシートに印刷。
d0226179_20174716.jpg

貼ってみた。目力あるほうがかっこいい?
d0226179_20214355.jpg

正面から見るとちょっとコワイ。
d0226179_22473793.jpg

17CBR1000RRバージョン
d0226179_19285396.jpg


次回は3/21(水)西コース。

つづく。
[PR]
# by kazz1919 | 2018-03-08 01:33 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2018年 2月 ドリームカップ用ショーワリアサス、AIMロガー

ドリームカップ用のSHOWAリアショックが2/20に発表になり、
早速最初のロットが届いた。
d0226179_7244696.jpg

早速開梱。
取り付け寸法は元のリアショックと同じ。車高調付き。
d0226179_725689.jpg

取り付け。純正リアショックより太いので少し入れにくい。
d0226179_7262449.jpg

取り付け。
エンジンのナラシとリアショックの確認で翌日の走行に備える。
イニシャル調整のナットが低い所にあるので調整がしにくい。
d0226179_7272598.jpg

個人的には邪魔なレバーガード。義務化されそうなので余ってたやつを取り付け。
d0226179_22315023.jpg

2018-02-24 鈴鹿フルコース。
サブラジラジエタはガムテープ4枚からスタート。
サブラジは練習なので付けてます。
d0226179_659710.jpg

エンジンのナラシのそうだが全バラしてるので各部の確認から。
d0226179_771057.jpg

AIM SoloDLを真ん中に移設して正解。安定して動作した。
油温計、結構油温って高いのね、98度位を指してた。
d0226179_2234667.jpg

リアサスは体重64Kgの僕には10.5のスプリングが欲しい所。
ショボイままのフロントフォークとのバランスの兼ね合いを見つけなければ。
CBR250RRは台数増えたな~。新型のNinjaおった。速かった。
ナラシは無事終了。
Aimのロガー画面を開いてみる。
分からない事だらけなので勉強中。
・表示ボタンを押すと右グラフエリアの表示
・チェックボックスに✓を入れると表示の単位が現れる。
とりあえず何のことやらわからない。
d0226179_724577.jpg

サスペンション解析のページ。
ストロークセンサー付けれるのかな?
ベアースに聞いたときは付けれない旨の返事だったんだけど。
d0226179_7285655.jpg

CBR250RR用の520サイズの16Tのフロントスプロケットを探す。試してみたい組み合わせがある。
サンスターやZAMでは14Tと15Tしかない様です。なんでだろ。
スプラインの形を見て使えそうな、とある車種用を入手。廃盤で在庫処分価格1080円。
右端が入手した520サイズの16T,厚みが違う。
厚い方向なので研磨すればいいだろう。
d0226179_2314838.jpg

研磨して純正と同じ寸法にする。
裏側と表側でオフセットが違い危うくゴミになるトコだった。
ふつうは裏表どっちに付けても良いようにするやろ。
d0226179_2316404.jpg

研磨して寸法を合わせた所。
ZAM製の15Tに比べ歯の振れが大きい。要するに精度が低い。
d0226179_23182383.jpg

取り付けた所。外径が大きくなりガイドプレートに少し干渉するので削って逃がす。
一応レギュレーションでは
・Lリアカバーと共にボルト止めされているドライブチェーンガイドプレートはドライブスプロケットの変更でドライブチェーンが干渉する場合の改修は認めるが取り外しは不可。
となってる。
d0226179_23245658.jpg

CBR125でも使ってるチェコスロバキア製のブレーキパッド。安い送料込1980円。
一発目の効きが弱いかもしれないがショボイフロントフォークの対策の一つ。
使った感想:すこぶる良い。純正より好きかも。
d0226179_23364824.jpg

オイルエレメントが溜まってきた。
分解して捨てる為に大きめのパイプカッターをポチる。
d0226179_23394466.jpg

きれいにカットできる。
d0226179_23402045.jpg

濾紙の部分と鉄に分別できます。
ゴミは溜めると運気が下がる気がするのでサッサと捨てます。
d0226179_23412785.jpg

3/4はフルコース走行です。
つづく。
[PR]
# by kazz1919 | 2018-02-24 07:29 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2018年 2月 練習用CBR125修理 CBR250RR エンジン続き

毎週練習に行きます。
名阪スポーツランドは冬氷点下になる事も多くいつにも増してよく転ぶ。
d0226179_2141332.jpg

某オークションでクラッシュプロテクター沢山を落札。
d0226179_215972.jpg

タンデムステップホルダーを復活させてプロテクタを付ける。
筋トレマシンなので飛び出していても問題ない。
d0226179_216077.jpg

折れたブレーキペダル。大陸産だがよく持った。
大陸産のフットペグ240円と折れた先を別途製作して取り付け。
d0226179_2174863.jpg

右側のステッププレートを新しく作った物と交換。
d0226179_2191464.jpg

左側も新調。古い方は転ぶ度にシバキまくったのでぼこぼこデス。
d0226179_22445589.jpg

結構、原始的な作り方。型紙をあてがって切り抜く。
d0226179_22454627.jpg

タブレットでサービスマニュアルを見るのは大変目が疲れるので秘密兵器投入。
本のサービスマニュアル分で構築できます。びば某オークション。
d0226179_0372811.jpg

最近、大陸産の細々としたパーツを色々と使いますがとっても使える印象。
CBR250RR用に買ったタペットシムのセット。NSF250Rも同じサイズ。

1.20~3.50まで3個ずつ0.05刻みのセット。純正は0.025刻み。
純正だとシム1個380円だが、このセットだと1個あたり88円程度。
足らない分だけ買うようにする。寸法は問題ない。

NSF250R,CBR125,150のツインカムエンジンであればタペットシムのサイズは同じ。
CBR125シングルカムはネジでクリアランスを調整するタイプなのでシムは不要。
d0226179_2253624.jpg

作業テーブルそばにPCを置いたのでタペクリのデータを
エクセルで記録しておく。
実測しても各バルブのバラつきは少ない。全バラチェック後も大きな変化なし。
大陸産のシムは0.05刻みなので実測シム前後の純正シム(0.0.25刻み)
準備していたがあまり使わないで済んだ。
d0226179_8474163.jpg

エンジン組み終わって乗せる。
少し頭を起こしてフレームに入れるとすんなり入った。
d0226179_7162076.jpg

マフラーにクラック発見。
d0226179_717279.jpg

半自で盛っておく。
d0226179_717576.jpg


つづく。
[PR]
# by kazz1919 | 2018-02-10 02:29 | 練習用バイク Practice Bike | Comments(2)

2018年 1月 CBR250RR エンジンをばらす。

発注していたパーツが入荷。
面倒だけどエンジンを開けてみる事にする。
去年の9月から乗ってないので距離は1000kmほど。オイルはMotul 300v10w-40w

エンジンスタンドはちょっとバージョンUP。
仕事上でもそうですが作業しやすい環境が早く正確な仕事が出来ると理解してます。

キャスターをよく転がるやつに交換。
押し引きするのに取っ手が無いので追加。
可動式のオイル受けを追加。
回転ロックする方法をピン→インディックスプランジャーに。
元々が車用のエンジンスタンドで大きくて邪魔なので足の幅と全長を切って詰めた。
d0226179_2343920.jpg

ちなみにフライホイールプーラーは特殊工具を買わなくてもこれで外せます。
d0226179_22104838.jpg

クラッチ。
特に問題なし。
d0226179_2373278.jpg

ちょいちょい起こるギア抜け対策でシフトドラムのスプリングを強化タイプに交換。
CBR125ではすごく効果あったので。
d0226179_2383732.jpg

最近のサービスマニュアルやパーツリストはPDFなのでタブレットが必須。
安かったGalaxyTab。Android 4.0まででバージョンアップ出来ない。
Acrobat Readerで開くと話にならないぐらい遅いのでKindleのアプリで開くとまあまあ見れる。
d0226179_2311466.jpg

シリンダヘッド。問題なし。
d0226179_231473.jpg

バルブ。問題なし。細いステム。
シートの当たりがNSFと比べてバチっと当たってない印象。異物の噛み込み等はなさそう。
DLCコートなんですかね。この色。
d0226179_23155262.jpg

シリンダー。むぅ。
前にも後ろにも同様のキズ。
NSF250Rと違いオープンデッキタイプのシリンダー。
d0226179_2317599.jpg

ピストン。
d0226179_23203147.jpg

キズの拡大。このキズは上から始まってるのか下から始まってるのか?
そこそこ深い傷もある。
カーボンが挟まった様子では無さそうだしキズ上下端に何か欠けた様な部位がある訳でもない。
d0226179_23234576.jpg

シリンダーの上から18mm位からキズがある。
水温高いままで走った影響だろうか?
d0226179_2324594.jpg

ピストン側のキズの位置と一致するのかな。
と言う事はピストンのコーティング辺りからキズが始まってるんだろうか。
トップランドはキズ無くきれい。
d0226179_23255298.jpg

ピストンスカートの剛性が低いのかな。
クリアランスが適正で無い条件になる時があるんだろう...
シリンダー夏の棒茄子まで持つかな~。今回はこのままで行く予定。
d0226179_23272052.jpg

NSF250との比較。
ピン上のハイトはほぼ同じ。スカート全体にキズがあるんだよな。
d0226179_23344352.jpg

ピストンの色々。
右のデカイのはBMW F650(Rotax製エンジン)真ん中下はCBR125(シングルカム)
CBR125は若干タテキズあり。F650はほぼ無傷。
d0226179_2339569.jpg

CBR125とCBR250RRのピストン比較。デザイン似てる。
スカートの端が薄いのは何か狙いがあるのかな。
ピストン裏は焼けてない。
オイルジェットのオイルちゃんと冠面の裏に当たってるんだろうか。
d0226179_23432585.jpg

ピストンの左右で焼けが違うな~。
スロットル上流のファンネル部の長さが左右で違う。
ここでのファンネル長さ違いの意味は空気の取り合いを避ける為かな。
どっちの焼けが最適解に近いかな?
d0226179_23193355.jpg

ピストンピン。元々はDLCコートが掛ってたっぽいんだけど。
d0226179_062275.jpg

バルブステムもそうだけどこのDLCコート弱いよね?
仕事柄、DLCコートを使う事があります。
結構DLC施工メーカーやDLCの仕様によって違いがある。

見た目も色々で虹色っぽいの、黒いのや透明っぽいのなど。厚みも0.5μ~3μ。
施工後はその分寸法が変化するし施工時の熱に耐えられる物しか施工できない。
一般的に色が濃いと塗膜が厚く固い。

1μだと無視して良い様な寸法だけど実際はそれで組めなくなったりするので油断できない。
(仕事での金型の場合、エンジンの話ではない)
なのでDLCコートをする前提の部品は塗膜分寸法を小さく作って貰う。

求める要求(耐摩耗,凝着性低減,摺動抵抗低減などによって仕様が分かれる)によって
DLCの仕様に向き不向きがあるし下地処理(主に磨き)如何では効果が低い事がある。

チタンコートやPVCコート,DLCコートなどコーティング業界の世界シェア1位との事でエリコンバルザースの資料。
塗膜硬さは下記(ビッカース)相当硬いが薄いので
ある程度深く処理が入る窒化処理と違い靱性はある程度保てるんだと思う。

硬度の高い低いと摩擦係数の高い低いは別だと分かる。
d0226179_2151115.jpg


DLCコートって実際どうなの?

エリコンの営業さんが言うにはウチ(エリコンの)のコートは剥がすことは出来ません、との事だが
別の業者さんは剥離可能なタイプもあるとの事。
問題が出た時に元に戻せる利点。

各業界向けに専用の資料を用意してくれている。下記はモータースポーツ業界向け。わかりやすい。
ただ今あるパーツにDLCを施行すればイイというものでは無い点に注意。
d0226179_7461519.jpg

ステムシールを抜く工具を作る。
d0226179_23512755.jpg

スライディングハンマーの要領で使う。
プライヤーで抜くより楽だと思います。
d0226179_23524516.jpg

ケースを割る。
アッパー側を下にしてロア側を外す。治具からアッパー側を外さなくてもバラし組み出来る。
斜めにしてある理由は組むときにアッパー側のブラケットを交わす為。
d0226179_0411128.jpg

アッパー側のメタル。
d0226179_0443227.jpg

ロア側のメタル。
d0226179_0425285.jpg

フライホイール側クランクジャーナルの隙間。
d0226179_2124532.jpg

真ん中。
d0226179_2133264.jpg

クラッチ側。
d0226179_2135163.jpg

ピストンピンの新品と使用後の物。
実測しても違いはほぼ分からない。
d0226179_2193665.jpg

ピストン替えます。
d0226179_21104448.jpg

バルブの当たりもいいと思うんですけど。
d0226179_216462.jpg

このまま閉じますけど。

つづく。
[PR]
# by kazz1919 | 2018-01-30 00:10 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2018年 1月 CBR250RR アップデート色々 メーターステーの改造

エンジンは部品待ち。
それ以外の細々とした気になる所をいじる。

Aim SoloDLの取り付け位置を変更する。
どうも取付位置が下すぎてカウルの影になる時があるようで、たまに受信しない。
もう少しGPS受信のいい所に移動させたい。
d0226179_18461255.jpg

一応ドリームカップのレギュレーションではステー改造はOKだと思われる。

7-4-1 
計器類と計器用ブラケット及び関連ケーブル(計器用ブラケットがフェアリングステーを
兼ねている場合はフェアリングステーと見なし、変更は可。
ただしメーターは主催者公認車両に装備されたものでなければならない)。
ともあるので、多分大丈夫。一応もう一つ新品のメーターステーは手配する予定。
d0226179_18575817.jpg

純正メーターステー。メーターが真ん中にあるのでこれを右側に寄せたい。
不必要な部分は切ってしまいたい。
d0226179_18484299.jpg

切り刻んだメーターステー。
Aim SoloDL用のブラケットは脱着式に。
アッパーカウルの取付ネジはクイックファスナーに替える予定。
d0226179_1852243.jpg

Aim SoloDLを一番真ん中に持ってきた。
メーター本体とステムパイプ間の5cm位の空間は先々ステアリングダンパーを
付けるかもしれないので空けておく。
d0226179_18543171.jpg

エンジンスタンドRev2.
太い角パイプで作ったので後ろ側のマウントだけでもグラグラしない。
足の部分とエンジンの取付ボルト受けを別で作り、ボルト留めにしてある。
d0226179_23274095.jpg

スタンドの足を外してコイツとドッキング、上下ひっくり返せる様にする。
この中華スタンド、送料込みで4500円。頭が下がります。
d0226179_23304257.jpg

エンジンスタンドにエンジンをセットしてみる。
d0226179_23352277.jpg

上下ひっくり返せるのでケースを組む所から、この治具上で完了できる。
d0226179_2337275.jpg


つづく。
[PR]
# by kazz1919 | 2018-01-14 20:29 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2018年 1月 CBR250RR アップデート色々 ドリームカップ用カウル

お正月ですがガレージに籠って色々やってます。

去年の暮に練習用のカウルをポチりましたがドリームカップ公認では無かったので
決勝用の公認カウルもポチりました。才谷屋 さんのカウル。
d0226179_218082.jpg

前回ポチったのと違いアッパー、左右分割できるので作業性が良い。
d0226179_2195571.jpg

MotoGPのシーズンオフテスト車両をイメージして艶消しの黒に。
d0226179_2324176.jpg

ブレーキレバーの予備を作る。
年末にポチった某大陸製のブレーキレバーですが好みのポジションに調整します。
d0226179_224479.jpg

マスターシリンダーのピストンを押す部分を気が済むまで削る。
d0226179_225898.jpg

レバーが近くに寄った分出来るガタを詰める為にレバー本体に調整ネジ用のタップを立てる
d0226179_2264918.jpg

今ウチにある3台のホンダ車は(CBR125,CBR250RR,グロム)
ブレーキのマスターシリンダーが1/2インチで今回の大陸産のブレーキレバーは
どのバイクにも使えそうです。
d0226179_22134536.jpg

概ね予想はつきますが純正レバーは折れないで曲がる、
社外品は1回の転倒でポッキリ折れて捨てるパターンになるかと思います(*^_^*)

CBR250RRはガソリンタンクがヒンジになってて開くんですが
つっかい棒?を作ってみた。
d0226179_22474921.jpg

ホームセンターで買ってきたアルミパイプにエンドキャップを叩き込んだもの。
700円位で出来ます。軽いしおすすめです。
d0226179_2248571.jpg

マスタシリンダーガードとスロットルホルダーのガードを作る。
見た目は?ですが役に立ってくれるでしょう。備えあれば憂いなし。
d0226179_23305047.jpg

正月中の時間があるときにしようと思っていたエンジンの分解チェック。
エンジン降ろしに掛る。
d0226179_23141270.jpg

頭でっかちなので捻りながらフレームからエンジンを抜く。クレーン無しではようせんわ。
みんなどうやってるんでしょうか。
NSF250RRと違い色んな物を外さないとココまでこれない。
d0226179_2317086.jpg

ヘッド廻りをいじる用のスタンドをとりあえず作る。
クランクばらす時は上下回せるヤツを作るつもり。
d0226179_23182226.jpg

こんなのが理想かなあ。
アフリカツインはこの治具に載せたままヘッドまで組むみたい。
d0226179_23244046.jpg

正月休みの気晴らしにガソリンタンクスタンドを作ってみた。
まあ、CBRはヒンジついてるんでこの状態になる事が珍しいのですが。
d0226179_1741812.jpg

こんな感じ。
d0226179_175037.jpg

勿論たためます。
d0226179_1764440.jpg

MotoGP風のスイッチBox。本物は高いですけど。
プラスチック製980円。残念ながらドリームカップでは使えません...
d0226179_23434364.jpg

つづく。
[PR]
# by kazz1919 | 2018-01-01 22:26 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2017年 12月 CBR250RR アップデート色々 Aim SoloDL データロガー

2018年に向け色々とアップデートを目論んでます。

CBR250RRのセットアップを進めるうち、空燃比のロギングの必要性を考えていたところに
Aim SoLo DL が CBR250RR HONDA CBR250RRへのECT接続が可能になりました。
との事で。興味が湧いた。

僕のSolo はロギング出来ないやっすい方だったので.....
さっさと某オークションで売っぱらいまして。

Solo DL のCRF用plug and Play kit をDemonTweekで発注。
d0226179_2127319.jpg

CRF用にした理由はデータロガーの配線をマッピング用の赤の4Pカプラに接続する
ものだと思っていて、これらの配線が同梱されているからだ。配線込みだが安い。

空燃比ロガーも同時に発注。
d0226179_21323692.jpg

10日ほどで届く。海外から買った物は消費税を受け取る際に別途払う必要があります。
d0226179_22171314.jpg

早速取付け。まずマフラーにO2センサーのボスを溶接。
センサー用のフランジはタケガワの物を使用。M18。
レース時はロガー禁止なのでメクラ蓋をする。
d0226179_21342414.jpg

LCU-ONE空燃比ロガーの電源用のリレー。独立して配線、O2センサーに結構電気が必要な様です。
メインスイッチでONする様に配線。忘れずにヒューズ(5A)も入れる。
各種取説はAimHPのココに詳しく載っている。
d0226179_2145347.jpg

LCU-ONE本体を取り付ける。
ドリームカップのレギュレーションではレース時は取り外す必要がありそうなので
簡単に外せる所にブラケットを作って固定。
d0226179_21473927.jpg

SoloDL本体の設定を変更する。
RaceStadio2の設定マネージャーからCBR250RRを選択し設定をSolo本体へ送信。
d0226179_21533442.jpg

結局データロガー用の配線はCRF用では読み込まず。
CRF用は下ピンレイアウトにある⑥K Lineに接続されている様子。
①CAN + ②CAN - に接続する配線が必要な様です。
CBR250RRにデータロガー用の配線がマップ用の配線とは別にあります。←ココで悩んだ。

上記Aimの取説リンクからSoloDLの各種取説→付属配線のピンレイアウト見ると..
何を買う必要があるか分かる?と思います。
後から知りましたがAim純正のKitとは別に各車種用の配線が販売されている様です。
d0226179_2158142.jpg

ちょっと悩みましたが無事LCU-ONEも含め認識してくれました。
d0226179_228962.jpg

こんな表示。
車両情報が簡単にロギング出来るのはすばらすい。
d0226179_1185142.png

SoloDLを発注した直後にSolo2が発表になりちょっと凹む....(´∀`*)カイカエタロカ。
d0226179_148587.jpg


某大陸より購入のブ〇ンボ風クラッチレバー。1500円程。
d0226179_221676.jpg

いい感じの作りなのだが何故かレバーピボットがグラグラ。M8のボルトがぴったり。
更に研磨したシムを挟んだらしっとりした感じになりますた( ・∀・)
可倒式に見えますが可倒しそうにありません。→ちゃんと可倒しました。
ずばりブレ〇ボって書いてあります。
d0226179_22234126.jpg

もう一つ別バージョン。
レバーのガタは少ないけど引き代が少なく...微妙。
ワイヤのタイコとレバーピボットが近すぎやろ。
d0226179_135137.jpg

調整式のブレーキレバー。
1本あたり1000円ぐらいなので買ってみた。
2個買ったつもりが2ペアだったため4個も手元にある。
やっぱりピボット穴が若干大きくガタが大きい、調整式だが僕的には遠い方にしか調整できず。
レバー自体が太く角がじゃま。
下は純正レバー、位置調整の為に追加工して使ってます。
d0226179_101594.jpg

レバーを手前に寄せる為にシリンダー押す部分を削りガタ詰めのボルト追加、
レバーの角を研磨して手に馴染む位置に調整。
見た目だけはかっこいいけど使うかどうか微妙....
d0226179_05427100.jpg

某大陸からやってくる製品は玉石混交、物は試しです。
使えれば儲けモンです。

クイックシフター。
アプリリアの純正を買ってみる。なにやら部品一式で届く。
d0226179_173199.jpg

ピロボール一体で見た目が重厚、丈夫そう。
d0226179_181024.jpg

ロッドが押されてマイクロスイッチを押す仕組みだが、かなり強く押さないとONしない。
普通に付けただけでは動作しない。壊れてるのかとオモタ。

スイッチを押すピンは刺さってるだけなので抜くとロッドが抜け、スプリングが出てくる。
中身のスプリングをもう少し弱い物に交換してみる。
右側の短いスプリングが元々の物、奥に転がってるのはトライ中のスプリング。
そこそこの強さが無いと誤作動の元になりそう。
d0226179_110324.jpg

シフトロッドは仮に溶接して延長してます。
普通に動作するようになった様です。実走で煮詰めます。
d0226179_114548.jpg

はっはは。付けてから気づいたけどレギュレーションではコレ使えないのかー。

つづく。
[PR]
# by kazz1919 | 2017-12-24 22:50 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2017年 10月 MotoGPセパン観戦 その②

1日目に泊ったRajaChulanにあるホテルから2泊目のホテルへ朝早く向かう。
2~3泊目は空港ロビー出た、目の前にあるホテル。

MotoGP開催中は公共交通機関が混むらしいので空港の近くの便利なホテルにした。
d0226179_2312253.jpg

空港のバスカウンターの端っこでセパンサーキット行のバスチケットを買う。
d0226179_2317559.jpg

到着ロビー前のバス停06番からセパン行のバスは出る。
SICとはセパン、インターナショナル、サーキットの略。
d0226179_2319825.jpg

小1時間程でセパンサーキット到着。
d0226179_23205634.jpg

入口。
d0226179_23224720.jpg

ブースがいっぱい出てる。
d0226179_23235142.jpg

マレーシアらしくアンダーボーンのレーサーが多く見れる。
d0226179_23255482.jpg

やはりYamahaとHondaが双璧を成す。
d0226179_2327491.jpg

エネオスじゃなくてゼネオス?
d0226179_23274287.jpg

いろんなパーツもある様です。
マレーシア企業ですか?と聞くと台湾です!と力強いお返事。
d0226179_23284912.jpg

社外のホイールも見られる。
実物のKR410初めて見た。
d0226179_2330794.jpg

某オークションでも見かける様な作りのパーツ。
d0226179_23321057.jpg

土曜日はまだ人も少ない。
メインスタンドから最終コーナー側の眺め。
メインスタンドに入れるチケットだが指定席は無いので早いもん勝ち。
d0226179_23354224.jpg

アジアタレントカップ。
d0226179_2340433.jpg

翌日のMoto3決勝前。
d0226179_7404777.jpg

Moto2長島選手
d0226179_742371.jpg

Moto2中上選手
d0226179_743184.jpg

MotoGP決勝直前に雨。
d0226179_745252.jpg

月曜日の昼3時ごろに関空に帰ってきました。
とっても楽しかったです。
d0226179_7472099.jpg

[PR]
# by kazz1919 | 2017-10-31 23:43 | 旅行など Trip | Comments(0)

2017年 10月 MotoGPセパン観戦

マレーシアセパンサーキットまでMotoGP観戦行ってきました。
AirAsiaで行くと関空から往復3.7マソ程で行ける。

木曜日の夜10時発の便。
d0226179_21424338.jpg

初めてのAirAsia,初めてのマレーシアですが特にアクシデントも無く。
6時間程のフライト、早朝4時に到着。

クアラルンプール空港に着いて到着ロビーを出ると案内があるので迷わないと思います。
d0226179_21524079.jpg

1泊目のホテルはクアラルンプールセントラル方面と空港から
少し離れているので移動する必要があります。

電車の始発は6時頃。電車だとちょっと待たないといけない。
早朝ですがバスの窓口は開いてました。運賃が電車の半額以下なのでバスで市内まで行くことに。
d0226179_21512380.jpg

位置関係。
セパンサーキットは空港の近くにあります。
d0226179_2243628.jpg

KLセントラル駅からモノレールに乗り換え。
RajaChulan駅まで。
d0226179_2265199.jpg

券売機がアチコチにあります。
プラスチックのコインにお金をチャージして使う。台湾もこんなシステムだった。
d0226179_22201726.jpg

ホテルのチェックイン前に荷物だけ預けて街に出る。
午前中は晴天。これはマレーシア産プロトンの車。
d0226179_22272835.jpg

昼からど雨。
d0226179_2227558.jpg

カサを買う。
d0226179_22303485.jpg

市内巡回の無料バスに乗ってみる。
KL GO
d0226179_22333536.jpg

マレーシアの渋谷みたいな感じでしょうか?
ブキビンタン駅周辺。
d0226179_223545100.jpg

ペトロナスツインタワーに登ってみた。
d0226179_22381231.jpg

夜はとってもきれいです。
d0226179_22395340.jpg

食事。
なにげに入った店はインド人だらけだった。
d0226179_22424645.jpg

ひたすらクレープっぽいのを焼き続ける人。
d0226179_22444857.jpg

ナシゴレンとカレーナン(バナナ入りでうまかった)
ライチティーと3レイヤーティー(一番下の層はシロップだった)
d0226179_22472258.jpg

金曜は市内観光して土曜からセパン入りする予定です。
続く。
[PR]
# by kazz1919 | 2017-10-30 23:00 | 旅行など Trip | Comments(0)

2016年 8月 夏の旅行 ヴェネツィア グラーツへ戻る。

夏の旅行のまとめ。
ベネツィアを後にして空港のあるオーストリアのグラーツまで一気に戻ります。
距離にして400kmぐらい、道が良いので日本での400km走るよりは楽。
d0226179_13513799.jpg

帰りにおっきなショッピングセンターに寄り道。
d0226179_13531847.jpg

こいつを買って帰りたい。特売で5€!??
d0226179_13545653.jpg

肉、ハム、チーズは税関で引っかかるかもしれないのでビールをお土産に。
ただし自分用。ちゃんとプチプチとガムテを準備しておきますた。
d0226179_13581012.jpg

夕方にグラーツ到着、初日に泊ったホテルにもう一回宿泊。
d0226179_1414067.jpg

翌日ホテルをチェックアウト。
フライトが昼からなのでそれまでグラーツ市内を散策。

ヨーロッパでの一般的な駐車の仕方。
券売機でチケットを買ってダッシュボードの見える所に置いておく。
d0226179_1410849.jpg

ホテルと空港の近くにエッゲンベルク城があるのでそこは行ってみるべし。
お城の入口の城門。
d0226179_14124077.jpg

だんだんにぎやかになってくる。
d0226179_14144251.jpg

見えてきた。
d0226179_14163742.jpg

上へ登るエレベーターがある。
d0226179_14183013.jpg

塔のある頂上へ出る。
d0226179_14231689.jpg

良い眺め。
d0226179_14242370.jpg

ピカチュウ発見。
d0226179_14254466.jpg

グラーツ空港へ帰ってきてレンタカー返して旅行は終わり!
d0226179_14271390.jpg

[PR]
# by kazz1919 | 2017-10-22 14:29 | 旅行など Trip | Comments(0)

2017年 10月 CBR250RR FRPフルカウル

9月のレースの後、全然練習行けてませんが。。

某オークションをパトロール中に発見。
レースベース車のABS樹脂のカウルをそのまま使っていたので
FRPカウルを探していましたがJP250用とドリームカップ用でカウルの
仕様が変わる為、迷ってました。
コイツはフルカウルセットで5マソだったので練習用にポチった。
d0226179_22401618.jpg

こんな複雑な形状のカウル、ちゃんと付くのか不安。だったんですけど。
元々のレースベース車のFRP部分より車体のボルト穴にぴったし合う。
d0226179_22454891.jpg

ただし左右一体物。
とっても丈夫な作りなので装着に苦労する。
d0226179_22531650.jpg

普段は車のエアロパーツを作ってる方の様です。
あまりバイクのカウルでは見たことない作風。
ガラスクロス仕上げじゃなく、すごく太いマット仕上げ。
d0226179_22574556.jpg

変わった分割のリアシート。
d0226179_232562.jpg

だけど取付は簡単。邪魔では無い。
その上ボルト穴もチリもばっちりである。
d0226179_2344789.jpg

元々付いてたシートベース。割れてきたので裏当てして補強。
d0226179_2365990.jpg

インナーカウル切らなくてもカウルは付くがたいへん苦労する為、下側をちょん切る。
増設ラジエタも問題なく付く。
何回も脱着するうちに少しずつコツがわかってきた。
d0226179_2384093.jpg

コイツを買ったために金欠になったので名阪で練習。
d0226179_23213669.jpg

年末に発売予定らしいショーワのCBR用リアショックにお金が...

余談
CBR250RR 用のオイルフィルターを外すのにフィルターレンチが必要....
ハイエース用に買ってあったレンチをあてがってみると、ぴったりだった。
d0226179_1003983.jpg

[PR]
# by kazz1919 | 2017-10-16 23:30 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2017年 10月 サーキットでTV

サーキットではヒマな時間が多いのでTVを持っていく事にしました。
Youtubeを見るだけならただの液晶ディスプレイ+Android Box でOKですが。
鈴鹿サーキットやとピットの天井に掛ってるTVと同じ映像が見れるのでチューナー付のTVにした。
d0226179_8444399.jpg

そもそもTVは持ち歩く物ではない。なので持ち歩く為の取手を付ける。
d0226179_8455784.jpg

裸で持って歩くとぶつけて壊すのは間違いないので何か入れ物に入る様に少しコンパクトに改造。
TVの下のスタンド部分を小さくアルミで作りなおす。
d0226179_8472980.jpg

A3サイズのプラスチック製アタッシュケース。
若干固めのスポンジを貼る。
d0226179_8483668.jpg

ドンピシャで入る様に取手の位置を調整。
d0226179_8495676.jpg

名阪でもTVでYoutubeを見れるようにハイエースに100Vを完備する。
テールゲート辺りにTVをぶら下げるブラケットを作り横にタップを付けた。
d0226179_8563916.jpg

インバーターを某オークションで購入。
配線容量の都合で100W程度にした。
d0226179_8574291.jpg

内張りの中に丁度いいスペース。
d0226179_8585032.jpg

100vインバーターの電源はキーオフの状態でも使える様にしたいが
電源切り忘れのバッテリー上がりを防ぐために1時間ほどで切れるタイマーを付ける。
CBRのラップタイマー用に余分に買った延滞リレーの設定を3600秒に変更して使用。

5Vで動作するモジュールなので12V用のUSB電源の基盤を介して5V電源を取る。
100円ショップのタッパーが丁度いい入れ物。

こういったモジュールを車やバイクに搭載する時は振動対策は必須。ボンドで固める。
ボンドはポリエチレン(タッパーの材質)でも接着できるタイプを選んだ。固まってもゴム状の物。

熱で燃える可能性もあるので塗布する場所を考慮する。
ストップウォッチで設定時間を確認中。
d0226179_9593766.jpg

延滞リレーはモーメンタリSW(押したときのみ導通するSW)で動作する。
普通の押したらその状態を保持するオルタネイトSWではタイマーのスイッチとして使えない。
100v出力確認用のランプを付けた。1回ポチっと押すと1時間作動。
d0226179_91742.jpg

コンセント。極力配線は隠す。貨物車は配線を隠すトコに苦労する。
d0226179_9184144.jpg

配線を引きインバーターとリレーを設置。
d0226179_9223766.jpg

配線をインバーター用に別途引くのはめんどくさいので既存でなおかつ未使用の
車両配線を使ってインバーター用電源を引く。
赤/黄の線はバックフォグ用、そこそこ太い配線です。テールランプ内のカプラに居ます。
運転席のメーターパネル裏まで繋がってる。
d0226179_926205.jpg

メーター横の空きメクラ蓋にメインスイッチ。純正バックフォグ配線へ結線。
延滞リレーの電源を切る為。これを切っておくと暗電流を0に出来る。
電源側の赤/黄はこのスイッチでは容量が足らない為、リレーを挟む。

キーoffでも動作する為LED付SW,まぶしく光るので切り忘れ無いと思う。
ヒューズを飛ばした場合はグローブボックス奥のバックフォグ用のヒューズが飛ぶ。
元々バックフォグ用ヒューズは15Aだが安全の為に10Aの物に交換しておく。
d0226179_9293269.jpg

ちなみにバックフォグの配線はメーター裏の赤/黄はハイエースDX200系3型(僕の車の場合)
ハーネスのジャンクションブロックの途中で配線が無いので直結する必要があります。
(刺さってるカプラの相手側に端子が無い状態) 助手席ヒューズボックス上のJ/B赤/黄
カプラ⇔J/B⇔カプラの位置関係、途中のJ/Bに配線が居ない。

カプラはお互い近い所に居るのでカプラからピンから線を抜いて直接相手側に繋ぐ。
後付けでバックフォグスイッチを付けても光らないのはコレが原因と思います。

正面に見える赤/黄はリアハーネスからの配線。
カプラからピンを抜きダッシュボード側から降りてきてるハーネスに直結した所。
d0226179_953296.jpg

この後どうにかしてTVでYoutubeを見る編へ続く。
[PR]
# by kazz1919 | 2017-10-01 10:39 | ガジェット Gadget | Comments(0)

2017 CBR250RR MC51  鈴鹿サンデー第4戦 鈴鹿東コース

9月10日 初めて参加のドリームカップ。
鈴鹿東コースです。

CBR250RR初参加の大会でまだまだ台数も少ない。
天気はウィークを通して晴れ。
d0226179_039384.jpg

練習走行でも他の新型CBR、JP仕様車とドリームカップ仕様車の区別がつかない。
ドリームカップ仕様車トップはどれぐらいのタイムで走るのか?
特スポまでは1分1秒中程で走行、JP仕様も含め、それほどぶっちぎりで抜かれる事は無く。
なんとなく1秒前半で走れればOKかな?と思ったんですけど。

今までマップをいじった事が無かったが、お友達の協力を得、特スポで初めていじってみた。
d0226179_041495.jpg

ピットで暇つぶしの新兵器。
d0226179_0445047.jpg

予選結果。
特スポでいじったマップは元に戻してスタート。
うーん。トップ00秒台出てるじゃないですか。
一応予選2位でしたがCBR250Rのトップと0.5秒差...か。
d0226179_052543.jpg

決勝グリッド。
d0226179_111518.jpg

決勝スタート。
スタートダッシュちょっと出遅れ。
世奈ちゃんが横にするすると並んできて少し驚く。
動画があったのであげとく。

target="_blank">https://youtu.be/0IzIklOnT9E

結果、2位でした。若い衆とのバトルはとても面白かったです。
CBR250RR台数が増えてきたらこうはいかないでしょうね。
d0226179_134920.jpg

[PR]
# by kazz1919 | 2017-09-14 01:08 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2017 CBR250RR MC51  課題② Aim Solo ラップタイマー

CBR250RRもナラシが終わり。。
ぼちぼち練習走行に行ってます。
2017/8/12は朝一の01枠は通り雨でキャンセル。
d0226179_8135419.jpg

その後天気も回復。この時期のいつもの気温33℃まで上昇。
d0226179_22204815.jpg

03枠、05枠と連続走行。
増設ラジエタの効果。水温は終始75℃で安定。
増設ラジエター、表面積でいうと純正比で2.2倍です。
d0226179_8155024.jpg

ラップタイマー。
比較の為、3つゴチャゴチャと付けてみた。

① 純正ストップウォッチをZiixのセンサーで動かす予定は...NG。
  動きませんでした。
  卓上では動いたので純正メーターに入るトリガの時間の問題と思われ。
  P-LAPは動いたのでセンサーは動作してる。
② Ziixセンサー+P-LAP 動作するようです。ハンドル横では画面が見にくいので
  真ん中のいい位置に移動させます。
③ スマホアプリはやっぱり隔周ぐらいしかラップタイムを拾わない。
  スマホの機種により精度がかなり違う様で。
d0226179_8303414.jpg

スプロケを交換した後の車速の変化が知りたい。
純正メーターはミッションのカウンターシャフトの回転数を読んでいる様なので
スプロケ変更しても車速を反映出来ない。

GPSラップタイマーのコイツをよくサーキットで見かける。車速も表示するらしい。
DemonTweeksでポチってみる (੭ु˙꒳​˙)੭ु"バンバン
イギリスからの発送だが送料は1500円ぐらい。
円換算の表示を見ても分かるけど、
イギリスのEU離脱が決まった影響か最近はイギリス£(ポンド)が安い様なので割安感がある。
d0226179_1631124.jpg

純正メーターの横に割と苦労して付けてみた。
トップブリッジにラップタイマー付けてる人がいますが....
近すぎて字が読めません(´ー`)エッヘン。

車両から電源を取ってキーオンでラップタイマーも電源が入る。
電源切るときはほっといたら(自動オフ条件は変更できます)勝手に切れてくれる。
d0226179_23165481.jpg

後ろ側はこんな感じ。
d0226179_23181268.jpg



フロントフォークのスプリング。

あほみたいな作りのスプリングを押さえるサークリップ。
2時間程格闘してやっと取り外す。
d0226179_1018541.jpg

iFactoryさんのフロントスプリング、7.5Nと交換。
リアがリフトする前にボトムに当たるので思っているより手前からブレーキを掛ける必要がある。
こんなもんでしょうか?僕が突っ込みすぎ?
d0226179_8391722.jpg

リアサス
スプリングの交換。油圧プレスにセットする治具を作って交換。
d0226179_10202853.jpg

新しく追加されたドリームカップのレギュレーションを読んでみると
車高調整の為のシムが認められている。
d0226179_22121180.jpg

物は試しで手持ちのアルミ板を切ったものでシムを製作。
アクセルを開けながら曲がる様なコーナー(逆バンクとか)でのリアの姿勢をもう少し上げたい。
d0226179_2214541.jpg

1枠走るとリアサスはすごく熱くなってる。
走ってるうちに動きが変わってくる...

9/3 CBR250RRで初めて東コースを走る。
東コースのショートカット入口と出口にあるギャップで飛ぶ様な動き。
入口ギャップを真っ直ぐ横切ってからターンインする様にしてみた。
3周ほどするとショートカット最終コーナーではリアが縦方向にピッチングしはじめる。
リアサスがタレる前にタイムアタックせなあかん。

2017年9月10のサンデードリームカップに向けサブラジエタを外しての走行練習。
やっぱり水温高いとロクな事がない。だいぶ涼しくなったけど水温91℃あたり。
壊れなきゃいいけど。
上の方で失火しているかの様なパワーダウンを感じます。
ギア抜けも起こる。だいぶびっくりした。

d0226179_23154819.jpg

今回導入したラップタイマーのAim Solo
ちゃんと動作しました。確実で良さげです。

こいつはムダだったか。。。
P-Lap+ZiixセンサーのVer2. 
トリガを反転させるリレーモジュールを遅延タイマー追加した物に替えてみた。
センサー反応した時に0.5秒ほど動作を保持させる狙い。
d0226179_0255883.jpg

[PR]
# by kazz1919 | 2017-08-12 22:12 | レース活動 Race activity | Comments(1)

2017 CBR250RR MC51  課題①

7月は8耐でアツイ鈴鹿の街ですが,それはそっちのけで
CBRイジリに精を出す。

ナラシなのに水温が100℃近くまでいってしまうCBR。
水温計壊れてるのかと思いますた( ・ω・)..
ドリームカップではラジエターは交換できない公算が高いですが(2018年4月より交換可になりました)
これでは練習になりません。

ボルトオンで簡単に元に戻せてなおかつ効果の高い
追加のラジエターを取り付けようと目論む。

某オークションにて入手したドナーの数々。
d0226179_108102.jpg

会社の駐輪場で見かけたVTR250のラジエターが良さげに見えたので某オークションでポチってみた。
 ↓ はVTRのラジエタ、残念ながら幅が大きく横向きではキツイ。
d0226179_22122766.jpg

続いてカワサキNinjaで実績のあるらしいDトラッカーのラジエター。
本来は縦に2列に付くラジエタだが片っぽを横にしてCBRにあてがってみる。
キャップの付いてない方が大きくていいのだが以外に幅がある。
すんなり付きそうにない上に容量が小さい。
d0226179_22135559.jpg

パトロール中に発見した車種不明ラジエター500円。
フネの下側の当たる所をカットしてみる。
d0226179_1095136.jpg

ノーマルカウルにきれいに収まる。
車体ノーマルステーはそのままで元々のラジエターから後付けラジエタを吊るす。
純正+追加ラジエタの合計容量はよく見かけるNSF250改のラジエターより多い様に思う。
車種特定したけど、ヒ・ミ・ツ (・∀・)
d0226179_22202872.jpg

横から見たとこ。
ホースの向きは変える必要がある。
水の流し方はメイン→サブと直列に流す予定。
d0226179_10302898.jpg

Dトラッカーのラジエターの水管を切って仮付け、向きを検討。
Dトラッカーの水管がそのまま向きを変えるだけで流用できそう。
仕様が決まったら溶接して貰おうと思います。
d0226179_1032186.jpg

Lapセンサーのステー。
d0226179_1851527.jpg

そこからラジエターの下側のブラケットを延長。
溶接で一体物にしたいけど。
水の入ったラジエターを保持するのでリブを入れた方がいいかな。
d0226179_18523752.jpg

上側は純正ラジエターから吊るします。
ブッシュ入れた方がいいかな?
ホースの位置関係が良くないのでエア抜きニップルは必須。
このあと干渉しない向きに付け直します。
d0226179_18562710.jpg

中古ラジエタでフィッティングを確認し仕様を確定。
別途新品を手配。安かったので予備も含めて2個購入。
d0226179_10432847.jpg

某秘密基地にて溶接して頂いた。
d0226179_8201883.jpg

サブラジ左のフネに仕切りを入れて折り返す流れにし、左側に出入れ口をまとめた。
ホースは汎用の18mmストレートで事足りる。
メインラジエタからサブラジエタへのホースはフネの下側へ入り、上へ抜ける。
ホースを長くして転倒時に下から突かれた場合の衝撃を吸収させる。
被害が上のメインラジエタへ及ぶのを低減するため。
d0226179_8214410.jpg

なので右側にはホースは無し。
d0226179_8253335.jpg

ブレーキレバー。
ノーマルレバー位置は僕的に遠いのでレバーをちょこっとイジる。
ピストンを押す部分を削ってレバーが手前に来る様にする。
d0226179_22304425.jpg

レバーが手前に寄った分、遊びが出るのでレバーにボルトを追加、遊びを調整出来る様にする。
調整ネジが緩んでこない様にボンドで固定する。
d0226179_22321817.jpg

ラップタイマー。
スマホのGPS機能を使ったアプリを使ってみたが
計測しない事が度々。ヘルメットで電波を遮ってしまうのかな?
昔ながらのP-Lap(センサーが欠品)を某オークションで1,000円でポチる。
流用する予定のセンサ接続コネクタ入手がめんどくさいので
本体基盤からセンサ-用の配線を直接取り出す。
赤の線と白の線を短絡させるとLapを刻み始める。
d0226179_2242189.jpg

このP-LapにZiixのマグネットセンサ-を組み合わせる。
P-Lap本体は+入力でLapカウントする仕様だがZiixセンサ-の仕様は-出力。
トリガを反転させるためのリレーモジュールを使ってみる。アマゾンで120円。
リレーモジュールとマグネットセンサーは別途USB電源で作動させる。
磁石を近づけると卓上ではちゃんとラップを刻んでくれる。
d0226179_22573948.jpg

反転させたトリガを使ってCBRのメーターに付いてるストップウォッチも動かしてみよう。
d0226179_726292.jpg

Lapスイッチをリレーモジュールでon/offさせる。
今回選んだリレーモジュールはメカリレーなので実際にコントロールライン上で動作するか?
反応が悪く動作しないかも。
d0226179_7261090.jpg

Lapスイッチに並列にラップセンサーの配線を繋ぐ。
d0226179_23124710.jpg

スイッチとラップセンサー両方生かします。ちゃんと動くようです。
d0226179_23123413.jpg

スプロケ。
ドリームカップではチェーンサイズ変更できないそうなので520サイズのスプロケを
手配依頼してみるが納期が...1~2か月待ちらしい。
小加工で付きそうなスプロケを物色中に某オークションで520サイズのブランクスプロケットを発見。
d0226179_750326.jpg

コイツを加工してくれる業者さんを見つけたので早速依頼。
日程は4日程(事前にスケジュール調整しましたよ)アルマイトもかけて頂きました。
加工費は少し余分に掛りましたが、時間をお金で買うようなもんです。
d0226179_22391382.jpg


続く。
[PR]
# by kazz1919 | 2017-07-26 23:34 | レース活動 Race activity | Comments(2)

2017年 6月 CBR125 ウォーターポンプとサイレンサー交換

水漏れし始めましたのでシール交換することにしました。
インスペクションホースから水が出てきたら交換してねのサイン。
d0226179_23124192.jpg

部品を準備して分解開始。
19215-KGH-900 
19217-P72-013 
91205-KFO-OO3
19241-KGH-900
90423-KW6-900 
90478-700-000
ガスケットとOリングは社外品を使用。
改めて気が付いたがベアリングは無しなのね..スカラベオはベアリング入ってたけど。
d0226179_23142745.jpg

ついでにギア抜け対策パーツも組み込む。
d0226179_23164667.jpg

カバーを外して。
d0226179_23184049.jpg

シャフトを外した所。奥はサビ?
d0226179_23193036.jpg

シャフトとインペラも替えます。
d0226179_23201641.jpg

カバー側のオイルシールはデロデロになってます。
このオイルシールを外すのが一番めんどくさい。
d0226179_2321111.jpg

シールは交換し終わってギア抜け対策のスプリング交換。
d0226179_2324093.jpg

さて。1年使ったエンデュランスのサイレンサー。
いい加減ボコボコなので交換する。
d0226179_23253193.jpg

某オークションでポチった0.5マソのサイレンサーはパイプ径が合わない為
そのままでは付かない。
d0226179_23271395.jpg

異径のアダプタを500円で購入し半自溶接機でくっつける。
d0226179_23281939.jpg

違和感なくついたのでおk。
つくづくこのサイレンサーを0.5マソで作っている方々には頭が下がります。
d0226179_23285821.jpg

ギア抜け対策のスプリングは効果ありました。
交換して良かった。
[PR]
# by kazz1919 | 2017-06-18 23:42 | 練習用バイク Practice Bike | Comments(0)

2017年 6月 CBR250RR MC51 納車されました。

一番最初のロットのレースベース車両です。
いよいよやってきました。
昨年NSF250のエンジンが壊れてからちょうど1年経ちましたがやっとフルコース走れます。
d0226179_190567.jpg

CBRカップ仕様を目指すので過度の改造はしません。

レースベースとは言え色々とやることがあります。
色々と不要なところは切り飛ばして。
d0226179_18112947.jpg

元々履いていたタイヤGPR300は外してさっさと某オークションへ。
そこそこの値になりますた。
d0226179_18133091.jpg

ダンロップα13 最初から履いておいてくれればいいのに。
d0226179_18205165.jpg

プロダクションバイクはめんどくさい。
d0226179_1881561.jpg

ステップはBattleFactory製です。
正チェンジですのでこんな感じになります。
d0226179_1895755.jpg

ハンドルストッパー。
買っても良かったんですが案外それらしく出来たので。
フロントフォークのブラケット上も下もペラペラに見えますね。
d0226179_1810572.jpg

リアスタンド。某オークション0.1マソで買ったヤツは幅が大きかったので
真ん中で切って、幅を詰めて溶接。
NSF250用のスタンドはさすがに幅が足らず使えなかった。
d0226179_18161195.jpg

フロントスタンドのボスに合う持ち合わせが無かったので
使ってないボスにハンドルパイプの切れ端を圧入してCBRに合うサイズに調整。Φ22ぐらい。
d0226179_18174369.jpg

ウォーマーを巻く用のフォークアップスタンドを作ってみた。
NSF250のリア用ウォーマーをCBRではフロントに履きます。
d0226179_22535970.jpg

クリップが沢山使われてるこのバイク。
アストロツールで買ってきたヤツがぴったんこ。
d0226179_182311100.jpg

ガソリンキャッチタンクのステーを作る。
適当にフレームにインシュロックで括るのはカッコ悪い。
d0226179_18251681.jpg

こんな感じ。
d0226179_18253217.jpg

NSF250の予備フロント用ブレーキホースとブレンボのチビタンクをリアに組んでみた。
d0226179_18383142.jpg

レースベースに何で鍵が付いてるのかな?と思ったらタンクのキャップ用だった。
d0226179_18292810.jpg

キーの中身を抜く。
d0226179_18301123.jpg

ドライバーで開く様に。
d0226179_1831919.jpg

練習用のサイレンサー(0.5マソ)を某オークションでポチる。
青いのは保護シートです。
d0226179_18321822.jpg

一回り位小さいですが何か?
d0226179_1833183.jpg

マフラーステーの向きを変えなくては。
d0226179_1835436.jpg

手持ちの材料でマフラーステーを作る。
エンジン音は..バルブがバルブシートに当たるペチペチという音が耳につく。
音量測ってみるか...
練習用のサイレンサーなので安いヤツでおk。
d0226179_2221194.jpg

これも某中国の商社サイトで購入した音量計。840円。
コレで測ってみた音量は109db.....期待していたが練習の時だけしか使えないサイレンサー...
d0226179_18311058.jpg

カウルが白ゲルのままなので。
このサイレンサーはBattlefactory製なのでレース時はこれで出ます。
d0226179_1841639.jpg

いつものガンメタで塗ってみる。
d0226179_18361298.jpg

発電機の台車に初めてホイールを入れてみた。
d0226179_18441154.jpg

さて純正の鉄のハンドルバー。
d0226179_18513278.jpg

Φ45(と思う)のクリップオンハンドルって..あまり売ってない。

Φ45でなおかつ上に5cm位オフセットしてる市販品って日本では見かけないな~
コレがいいな~でも6.7マソはさすがに。
d0226179_18455430.jpg

いつもの様に世界中から合いそうな部品を探す。
いつもの某中国商社サイトより45mmの少しライズアップした物。
送料込みで0.4マソ。片っぽの値段じゃないですよ?
d0226179_6493273.jpg

そのまま付けてみたがハンドルの垂角が大きくカウルとの隙間が殆ど無い。
d0226179_6503568.jpg

クランプの座面を1cm程追い込む。
M6のネジを片っぽ削ってしまう為、走行中に緩んでくる可能性が。。
d0226179_6511030.jpg

付く事は付いた。
垂角がノーマルより大きいハンドルなので問題が無ければこっちを使いたい。
d0226179_6513423.jpg

中国製が使えなかった時の保険で別に手配していたハンドルが届く。
アメリカWoodcraft製 $170。
海外からの買い物でも送料をそれなりに($20+関税1700円程)払うと早く届く。
d0226179_18135220.jpg

垂角は純正とほぼ同じ。高さが選べる。
3ピース構成なのでトップブリッジを外さなくてもハンドルクランプを外せる。
d0226179_18155984.jpg

2インチアップを選んだので純正より約1cmアップ。
d0226179_1821526.jpg

ラップタイマー。
ノーマルのメーターを外す訳にはいかなさそうなので
最近はやりのスマホとアプリの組み合わせを試してみる。
スマホ本体はスピーカーの壊れたヤツを格安(0.2マソ)で某オークションで入手。
トップブリッジの裏のネジ穴からブラケットを伸ばして。
d0226179_2327468.jpg

スマホを乗っける台を作る。
d0226179_22235862.jpg

ノーマルメーターの水温計の表示があまりに大雑把なので、後付けの水温計(KOSO製)を付けてみた。
〇マゾンにて水温計本体0.21マソ+18mmの取付アダプタ0.3マソ
d0226179_749699.jpg

サーモスタットが閉じてる時にラジエタを通らずにエンジン側に冷却水が戻る穴。
サーモは取り外すのでM10のタップを立ててネジで塞ぐ。
d0226179_20422015.jpg

水温計のセンサーは純正のセンサー位置に倣いヘッドから出た後の位置にセンサーを付ける。
センサー取付ついでにサーモスタットの改造(中身をくり抜く)
ただ抜いてしまうと水漏れする。なぜか付いている電動ファンの取り外し
→ドリームカップでは取り外し不可です。
d0226179_7581445.jpg

アクスルナットをシャフト破損防止の為の袋ナットに替えてみた。
リアM16の細目。純正リアのナットは緩み止めが付いているがこの際諦めよう。
d0226179_21302834.jpg

フロントM14細目。 
d0226179_21312627.jpg

ワイヤーロック。
穴の場所が用意してあるのでドリルで穴を空ける。
d0226179_2252513.jpg

オイルキャッチタンクが必要らしい。
エアクリーナー結構大きいのに容量が足らないらしい。。
エアフィルターの前の部分(ダクトが繋がってる部分)は外の扱いなんだろうか?
d0226179_22545126.jpg

そろそろナラシに走行に行く予定を入れますが
走ったら走ったで色々あるんだろうな‐。
ドリームカップ使用のサスのセッティングについて勉強しなくては。

続く。
[PR]
# by kazz1919 | 2017-06-07 19:11 | レース活動 Race activity | Comments(0)

2017年 4月 Aprilia Scarabeo250 完成編

外装が塗装から上がってきたので組付け。
Scarabeo250は1個1個の外装が大きく重い。
スクーターというか完全にツーリングバイクなんだな‐。
前から順番に後ろに向かって組んでいきます。
d0226179_23472998.jpg

国産のスクーターとどっちが組みやすいか?
う~ん。たぶんScarabeoの方が組みやすいかな?
リアなんか完全にアメリカンバイクのリアフェンダーみたい。
d0226179_23494028.jpg

リアのベルトドライブ部のカバーも塗って貰った。
d0226179_23502964.jpg

だいたい出来上がり。
d0226179_23514743.jpg

Arrowのマフラーがかっこいい。
d0226179_23562684.jpg

この角度からは完全に新車みたい。
d0226179_23531584.jpg

びほー
d0226179_23575760.jpg

あふたー
d0226179_23582078.jpg

オールペンするとやっぱいいー。
[PR]
# by kazz1919 | 2017-04-20 00:00 | 車いじり Hobby Car | Comments(0)


趣味の記事です。


by kazz1919

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
レース活動 Race activity
練習用バイク Practice Bike
車いじり Hobby Car
旅行など Trip
ガジェット Gadget
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月

最新のトラックバック

最新の記事

2018年 11月 CBR6..
at 2018-11-10 10:17
2018年 11月 セパン ..
at 2018-11-10 08:26
2018年 11月 セパン ..
at 2018-11-10 00:12
2018年 10月 格安CB..
at 2018-10-21 09:05
2018年 鈴鹿サンデー第5..
at 2018-10-20 01:00

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
車・バイク